那覇西高校サッカー部

公式HP

2月16日 ( 日 ) 九州高等学校U-17サッカー大会 第4ブロック第3試合 vs長崎総附(高校新人戦)

1309 views

2月16日(日)九州高等学校U-17サッカー大会 第3試合の試合結果をお知らせします。

第3試合

11:30〜

vs長崎総附(長崎1位)

0(0-2,0-2)4

平安山良太監督コメント

予選リーグ第3戦、長崎総附とのゲームでした。
九州新人大会、最終戦となるこの試合でしたが、県外のチームと試合をする機会がなかなか出来ない私達はこの試合もモチベーションを落とさず挑むことが出来ました。また長崎総附は全国大会の常連でもあり、全国一を目指す強豪校なので、自分達がどれだけやれるかを試す試合でもありました。
強風が吹き、寒さの厳しい中でのスタートでした。ヘディングでの競り合いや球際の寄せもしっかりでき、守備一辺倒になることなくゲームを進めることができました。とくにインターセプトや球際の競り合いからボールダッシュしてから仕掛けるショートカウンターでチャンスを作る場面もあったので、悪くない試合運びだったと思いましたが、それに長崎総附は動じることなくゲームを進めてきました。
試合を進めていくうちに個人技術の差が出てくるのを感じました。
トラップ1つにしても足下にピタッと止めるし、ドリブルもキュンキュンしかけてくる、という感じでした。また1対1の攻防もうちが二人必要なのに長崎総附は1人で対応してきて、その差が見え始めたときにサイドからのセンタリングをヘディングで決められ、失点。後半ラストプレーでFKを与えてしまい、ゴール前で混戦になったのを押し込まれ失点2とり、0-2で折り返しました。ハーフタイムには「相手を見てポジショニングを取ること」「球際で負けないこと」「攻守においてチャレンジすること」を求め後半に挑みました。
ビルドアップから攻撃を仕掛けようとしましたが、長崎総附はコンパクトなディフェンスを構え、インターセプトを何度もされてしまいショートカウンターを受ける場面を何度も作られてしまいました。チャンスを作ることが出来なく、逆にうちのミスでゴールを奪われ0-4で終了しました。
この試合で個人技術の差をとても感じました。トラップでのボールの置き所、パススピード、ポジショニング。ディフェンス面での仕掛けと球際の厳しさ。いろんなところとゲームを重ねてきてますが、1つ格上だなと感じました。でも、この試合で感じたことや次への課題も見つけることが出来たので、チームの財産として沖縄に持ち帰り更に前に進みたいと思いました。
次は九州総体で勝負しに来ます。それまでに力をつけて、今よりも一回り大きくなって勝負しに来ます‼️

 

応援ありがとうございました。