那覇西高校サッカー部

公式HP

1月31日 ( 金 ) 沖縄県高等学校新人体育大会 準決勝

1510 views

那覇西高校 ( 2 - 1 ) 宜野湾高校

平安山良太監督 コメント

新人戦、準決勝。vs宜野湾高校。
結果 那覇西2-1宜野湾
この試合は決勝へのキップもかかるが、九州大会派遣のかかるゲームでもあった。拮抗した内容になることは予想していたが、予想通り厳しい試合だった。
ゲーム立ち上がり、宜野湾高校の気迫に押されて、球際やセカンドボール奪取が後手になり、ゲームを支配することができなかった。その中で失点をしてしまい、難しいゲームとなった。
でも、前半立ち上がりだったということもあり、慌てることなく立て直していった。
サイドで起点を作って仕掛けていくことを指示し、流れを作っていった。
前半17分頃、ディフェンスライン背後に抜け出した10番照屋がキーパーの動きを見てゴールに流し込み同点とし、前半を折り返した。
ハーフタイムには檄を飛ばした。「宜野湾の気迫に負けている。受けてたっていることが立ち上がりの悪さにある。後半スタートから全力で闘う姿勢を見せろ」と。
後半はその姿勢が見れ、球際や空中での競り合いに気迫が感じられ、先手先手で仕掛けることができた。
そして左で得たFKから5番金城巧樹が押し込み逆転。宜野湾高校の鋭いカウンターに肝を冷やす場面が何度かあったが、失点することなくこのゴールが決勝点となり2-1で勝利を納めることができた。
決勝戦は1日おいての日曜日。休養をしっかりとり、いい準備をして、ゲームに挑みたい。

照屋圭人 副主将 コメント

前半は立ち上がりの部分でゆるく入ってしまってその隙を相手に突かれて自分達のビルドアップのミスから失点してしまい、苦しい展開も続いたけどその後から徐々に落ち着き始めて自分自身のゴールで追いついて前半を折り返せたのは良かったと思います。ハーフタイムに平安山先生がみんなに「俺たちはチャンピオンでもなんでもないぞ、チャレンジャーだぞ」という喝を入れられてそこでチームが1つになれて、後半は立ち上がりからギア全開で入ることができて、その中でセットプレーからこぼれ玉を金城巧樹が決めて逆転して、そこからは勝つための試合運びを全員でできたと思う。今日の勝利はベンチメンバー、応援団、全員でもぎ取った勝利だと思う!!この調子で決勝も絶対に勝ちたいと思います!応援よろしくお願いします!

金城巧樹 ( DF ) コメント

今日の準決勝は宜野湾高校ということもあり緊張してしまい前半の立ち上がりから自分のミスで失点を招きましたが仲間の励ましのおかげでそれからは自分のやるべきことを徹底することができてけいとの得点で前半を1対1で折り返すことができました。
後半は風も味方して前へのロングボールを増やしつつビルドアップすることができセットプレーからもとちかの落としで思い切ってシュートをそれが決勝点になったのでとても嬉しかったです。次の決勝の相手那覇高校は前の大会で対戦して勝っているので気を抜かず全力でプレーし、優勝して九州大会に繋げたいです。

2月2日 ( 日 ) 決勝  14:00キックオフ

那覇西 vs 那覇

会場 : タピック県総ひやごんスタジアム

ご声援よろしくお願いします❗️